Q & A

Q & A

プランニングについての Q & A

挙式についての Q & A

レセプションについての Q & A

その他、モロモロの Q & A

リーガルウェディングについて

>>リーガルウェディングについてはこちら

プランニングについての Q & A

何から準備したらいいのでしょうか?

まずは挙式の日程です。人気の教会は希望の日付で取れないことがあります。
次にレセプションの手配。その後、ヘアメイク、ブーケや写真などを相談しながら、決めていきます。

△トップへ

予約はいつ頃までにしたらいいですか?

1年位前から予約できます。最近は、2〜3ヶ月前に予約をされる方も増えてきています。

△トップへ

ハワイの結婚式って、いつ頃がベストなんですか?

気候的には、12月〜2月位は雨季のため、朝晩を中心に雨にあうケースが多くなります。でも、ハワイでは”挙式の雨は神の祝福”と言われて縁起もいいんです。一年を通じて、いつでもベストシーズンかもしれませんね。

△トップへ

教会を仮予約できますか?

教会によって異なりますが、多くの教会で仮予約していただくことが出来ます。取り消しや変更の際に費用がかかる教会については、仮予約時にお知らせします。

△トップへ

挙式の前に入籍は済ませておくべきでしょうか?

ほとんどの教会では挙式前の入籍は必要ありません。まれに、 教会によっては事前の入籍が条件というところもあります。

△トップへ

衣裳をハワイでレンタルしようと思っています。気に入ったものが見つかるか心配です。

ハワイ到着後限られた時間内に、気に入ったドレスを見つける必要があります。催行の1日を後で後悔しないためにも、日本出発前にドレスを決められることをお勧めします。当社のおすすめするドレスをご利用ください。

△トップへ

メイクが心配です。メイクさんを疑う訳ではないですが。

当社のメイクアップアーティストは、皆さん日本人です。ウェディングだけでなく、CFやショー イベントでの経験も豊富です。

どうしても心配な場合は当日と同じメイクさんが 行うリハーサルメイクもございます。

△トップへ

ヘアメイクやブーケ、写真等の申込みはいつまでにすればいいですか?

オプションの最終決定は挙式の2週間位までにお決めいただければ大丈夫です。ただし、希望のヘアメイクや写真プランがあれば、早めに予約されておくことをお勧めします。

△トップへ

ホテルの手配もしていただけますか?

ホテルとの直接取引きにより、リーズナブルな料金で追加手配を提供させていただきます。

△トップへ

挙式についての Q & A

牧師先生は外人の方だと思うんですが、英語で挙式はするんですか?

当社でお願いする牧師先生は、英語と日本語(そして時にハワイ語)を使って挙式をされます。 お2人に言って頂く「誓いの言葉」とか「指輪の交換の言葉」は日本語を使って下さいます。 先生の「繰り返して下さい」のお言葉の後から一節、一節を繰り返して言うだけですから、心配はいりません。また、挙式の前にリハーサルで練習もします。

△トップへ

彼がアメリカ人なので、英語の挙式をしたいのですが。

大丈夫です。全て英語、もしくは誓いの言葉のみ英語で残りは英語と日本語を使った挙式での対応も可能です。

△トップへ

リーガル ウェディングをしたいのですが。

リーガル ウェディングはアメリカで法的に認められ正式な結婚です。ハワイ到着後に保健局での手続きが必要です。当社で付き添いサービスもありますので、ご相談ください。日本での婚姻届に「米国ハワイ州で〇月〇日に婚姻」と載ります。とても良い記念になりますよ。尚、婚姻証明書のお届けは日本ご帰国後、約40日後位になります。

△トップへ

バージンロードは父と歩かないといけないのですか?

花嫁を新郎の元へと継がせるという意味がありますので、どなたでもいいというわけにはいきませんが、お父様がご参列されていない場合は、お母様やお兄様と歩かれてはいかがでしょう。もちろん、彼とカップルで歩く事も大丈夫です。

△トップへ

リングピローはあった方が良いですか?

当社でも沢山可愛いものをご用意しております。ご持参いただかなくても大丈夫です。

△トップへ

彼が指輪の交換はしたくない、と言うのですが。

指輪の交換式なしでも、素敵な挙式になります。ご安心を。

△トップへ

挙式の最後のキスが恥ずかしいですが

最後のキスは誓った言葉を封印するという意味があります。どうしても恥ずかしければ、ほっぺや、オデコへのキスでも大丈夫です。

△トップへ

挙式中はゲストは写真の撮影は出来ないのですか?

当社では、ザ カハラでは、挙式中でも写真 ビデオの撮影は可能です。教会では、挙式中はゲストの撮影は不可です。その代わり、リハーサル時等で沢山撮っていただけます。

△トップへ

挙式の直前まで、ウェディングドレス姿を彼やゲストに見せたくないのですが。

前日にリハーサルをご予定ください。ただし、写真の撮影等の制約等も出ますし、教会によっては難しい場合もあります。ご相談ください。

△トップへ

お友達にベストマンとか、ブライドメイドとかお願いしたいのですが。

挙式が華やかになります。素敵ですよ。ブライドメイドさんのミニ ブーケや、ベストマンさん達へのブートニアの手配を忘れずに。

△トップへ

ゲストに子供がいます。 何か挙式に参加させたいのですが。

これも、挙式がにぎやかになるグッドアイデアです。女の子にはフラワーガールや、男の子にはリングボーイなんかが一般的です。挙式への参加は緊張するようですので、お子様は最低でも4歳以上が無難です。

△トップへ

両親にレイのプレゼントをしたいのですが。

とても、良い考えだと思います。挙式の終わった後がお勧め。当社のコーデイネイターが、うまくご案内しますのでお任せください。

△トップへ

挙式中の友人のフラダンスを入れたいのですが。

過去に当社の挙式で、ご友人のフラダンス、ご友人の歌ご友人のバグパイプの演奏等、色々な事を経験しております。教会式の場合は、挙式中の実演は難しくなります。その場合、挙式後のお庭でやっていただくなど、ご相談に乗ります。

△トップへ

彼がタキシードは着たくないというのですが…

問題ありません。ハワイではアロハシャツが正装ですので、アロハシャツでも大丈夫です。シャツの色はやはり白がよいでしょう。ズボンや靴も合わせて白がおすすめです。アロハシャツならマイリーレイをご用意されれば、さらにハワイ度がアップします。

△トップへ

参列者はどんな服装がいいんでしょうか?

大きく分けて、モーニング等の正装派、もしくは、ハワイっぽいアロハ派に分かれます。お2人のご希望のイメージをあらかじめゲストの皆様に伝えておくといいですね。皆様が同じタイプの服装をお召しになる事で、統一感のある素敵な雰囲気の挙式になります。

△トップへ

レセプションについての Q & A

司会がいないのですが、ケーキカットとか乾杯とかしたいんです

当社の手配によるレセプションの場合は、コーデイネイターがお席への着席、乾杯、ケーキカット(ファーストバイト)までお手伝いしますのでご安心下さい。

△トップへ

レセプションのメニューとか、席札とか作ってもらえますか?

少し費用がかかりますが、お作りします。

△トップへ

メニューと、席札は作ったのですが、セットしていただけますか?

事前にお預かりして、当方でセットアップします。お任せください。

△トップへ

テーブルセンターに希望があるんですが。

Eメールなどでお写真などお送りください。極力ご希望に近いものを作成します。

△トップへ

ゲストの中にアレルギーの方がいるのですが、食材変えられますか?

事前にご相談ください。レストラン、ホテルと調整をします。

△トップへ

どうしても創って欲しいウェディング ケーキがあるんですが。

Eメール等でお写真などお送りください。お見積もりさせていただきます。極力ご希望に近いものを作成します。

△トップへ

その他、モロモロの Q & A

雑誌で気に入ったブーケを見つけました。同じものを作ってもらえますか?

はい、もちろんご相談に応じます。Eメール等でお写真等をお送りください。お見積もりさせていただきます。一部ハワイでは入手不可能な花材もございますので、ご了承ください。

△トップへ

どうしてもプルメリアのブーケが欲しいんですが

プルメリアは季節とか天候とかにも左右され、中々入手が難しい花材です。極力、ご希望のブーケを用意するように努力いたしますが、入手できない際のことを考え、第2希望のブーケも決めておきましょう。

△トップへ

プロのカメラマン頼みたいですが、予算が少なくて。

当社の写真プランは、撮影内容に応じてさまざまに設定しております。プロによる「撮りきり」プランもあるので、一度ご相談ください。

△トップへ

結構、敏感肌なんです。 ちょっとアレルギーもあるかも。

基本的に強い化粧品は使いません。問題はないと思いますが、念の為、下地はご自身の化粧品をご持参ください。

△トップへ

ドレスの取り扱いについて教えて下さい。

現地到着後、ホテルに入室したらすぐにケースより出して吊るしておきましょう。バスタブにお湯を張り、そのスチームでしわをとることもできます。しわが気になる場合は、ホテルのハウスキーピングへプレスを依頼(有料)という方法もありますが、時間的に余裕のない場合は難しいかもしれません。また、ドレスは大変デリケートな素材で作成されているので、断られる場合もあります。ドレスのレンタル時 購入時に、適切な取り扱い方法を確認しておきましょう。

△トップへ

リーガルウェディングについて

マリッジライセンス取得するには?

  • 手続き方法
    1. 挙式前日までにマリッジライセンスオフィス書類の手続きをします。
      State Department of Health,
      Marriage License Office
    2. 本人達がそろって出向く必要があります。
    3. 身分証明としてパスポートが必要です。
    4. 申請費用は、$60+特急手続き代$10です。
    5. 特急手続きなしの場合、ライセンスの発行まで通常120日程度かかります。
      日本の婚姻届は、結婚後90日以内の申請が必要です。
      特急手続きをすることにより、約2週間程度でライセンスが発行されます。
    6. 出生証明、血液検査などの書類は不要です。
    7. ハワイの住民でなくても申請可能です。
    8. 約2時間程で手続き終了、書類を渡されます。
  • 挙式当日
    1. 挙式場へマリッジライセンスオフィスで発行された書類を持参します。
    2. 挙式上へ到着後すぐに教会(牧師)へ書類を渡します。
    3. 挙式後、牧師により署名されます。また、保証人、新郎新婦も署名します。
    4. 牧師から役所へ書類が送られます。
    5. 役所では、書類をもとに登録が行われます。
    6. ハワイマリッジライセンス(結婚証明 書)は登録された日本の現住所へ送られます。
    7. 結婚証明書は、複数発行可能です。
      (1枚目は無料、2枚目は$10、3枚目以上は1枚あたり$4の実費がかかります。)牧師に必要枚数をリクエストし、現金で支払います。
  • 帰国後
    1. ハワイから郵送された結婚証明書を添えて、日本の役所にて入籍手続きをします。
    2. ハワイで挙式されたことが、戸籍抄本・謄本に明記されます。

△トップへ