2012 Issei Company Photo Shooting その6

2012
09.06

マウイロケ2日目の午後は、ハイクミルに移動です。
実は、今回のマウイロケの、主目的はここでの撮影でした。
ハイクの森の中に、ひっそりとただずむこのオールドミルは、最初に訪れた時から私の心をとらえてしまいました。
その時に、”よしいつかここで撮影を” と、オーナーのシルビアさんと約束しました。
その約束を果たす為でもありました。
グランドワイレアの、素晴らしくポップで、ビビッドな世界で沢山遊んだジュリは、すっかり満足してしまいました。 
ドリューに”今日はありがとね”ってお礼を言うと、ドリューは何かニヤニヤしてます。
不思議に思ったジュリは、こうたずねます。
”ねえ、ドリューあなた何か私に隠してるでしょ?”
ニッコリ笑ったドリューは、
”ジュリ。 どうしても君に見せたい場所があるんだ。 ワイレアからは少し遠いけど、ひとっ飛び行ってみよう!!”
二人は、カフルイのサトウキビ工場の煙の中を飛び、パイアの街を眼下にみて、ホキパビーチでカイトサーファーのカイトにあやうく衝突しそうになりながら、飛んでいきました。
そして、ドリューが優しくエスコートしながら降り立ったのは、ここです。

そこは、ハイクミルというオールドミルでした。
ドリューは、ジュリを小さなお家に連れていきました。
”さあ、ジュリこのバスに入ってご覧”
ジュリはあっという間に花嫁の姿にトランスフォーマー。

ママノさんに、素敵なヘア&メイクをしてもらったジュリは、ブライドハウスのリビングにゴールドの靴が準備されているのを発見。
”ドリューの仕業ね 笑”

二人はミルの中を探検です。
まずは、ブライズハウスの周りをウロウロ。



そして、恐る恐るミルのゲートにはいります。



ドリューが、ミルをお花で飾っておいてくれました。
もうジュリは、夢の中にいるようです。
奥の階段は、セレモニー用です。
可愛いお花が沢山おいてあります。



そして、ため息がでるようなパーティのセッティング。
ジュリは、少し涙が出てしまう位、とっても感動しました。



さあ、これから二人だけのレセプションが始まります。



ジュリは、少しドリューを見直しました。
”この人、もしかしたら、いい人かも。。。”
と、いう訳で、今回のハイクミル撮影はかなり完成度が高いものでした。
一番心配していた装飾関係、セットアップ関係ですが、当社マウイ支店のマミさんがしっかり動いてくれて完璧に近かったです。
お花関係は、ハイクミル指定のフローリストの中で、このイタリア系の方々にお願いしました。
結果、正解だったと思います。
イタリアンのテーストが、こういうRustic系には、ぴったりはまるみたいです。

こちらは彼ら作成の2台のブーケ。
かなり、レベル高かった。 左のブーケについてるブローチとか、ママノさん超気に入ってましたし。

ミルを埋め尽くした、お花達です。





また、今回のマウイロケでは、新郎役のドリューには、タキシードは着せませんでした。
Dieselとか、アバクロとか、日本のデザイナーものを着てもらってます。
リゾートでのディスとネーションウェディングは、これからはこんな感じかなあ、と思ったりしてます。
ヒゲも伸ばしっぱなしにしてもらいました。 笑

と、言う訳で大成功のうちにマウイロケは終了。
空港で、ビールで乾杯!!

再び、オアフ島に場所を移して、撮影は続きます。
関連ブログ(メイク ママノさんのブログ)
http://blog.yahoo.co.jp/mamanojpjp/61382509.html
撮影協力
Haiku Mill
衣装: クチュールナオコ ホノルル (Kuraudia)
装花: Haiku Mill, Grubb & Maiko, Design
送迎: Trans Orbit Maui
記: イッセイ

Written by issei

«   »