ベイヤーエステートのウッドデッキ 1

2015
02.02

ベイヤーエステートから、”お庭のデッキを広げたの。 見に来て。”との連絡があり、早速行ってきました。

ベイヤーでのレセプションは、芝生への椅子によるダメージを防ぐために、これまでは以下のようなスタイルでした。

①ウッドデッキの上にテーブルと椅子を配置。 芝生にはカクテルテーブル程度。

ウッドデッキは、それほど広くないので、10名がけのテーブルが 最大3台位が限界でした。

長テーブルですと20名位が最大でした。

DSC06960 DSC04033

 

もしくは、

 

②芝生の上のテーブルは設置するが、椅子はかならず ベンチ。

ベンチですと、立ったり、座ったりの際に、椅子を引くことがないので、芝生にダメージがないから。です。

DSC06147 DSC06177

DSC08724

 

今回、このウッドデッキが、2倍位の広さになりました。

以下の画像がそれです。

DSC06422 DSC06426 DSC06424 DSC06437

 

これにより、いろいろなテーブルフォーメーションで、最大60名様位まで収容できるようになりました。

明日以降に、このいろいろなテーブルフォーメーションをご披露します。

今回の改良で、お庭を広々と使ったレセプションが、より可能になったし、パラソル付きの丸テーブルとかが、より使いやすくなったので、

大きな改善だと思いますました。

ただ、セレモニー部分の芝生部分が、少し狭くなってしまったし、レセプションがある場合は、テーブルのセットアップもあるので、挙式+レセの

場合は、山側のお庭で挙式して、レセを海側に移すのが良いかな、と、思いました。

挙式オンリーの場合は、海側になると思いますが、新婦様の入場はこのデッキ部分からかな、と思いました。

では、また明日以降に、同じレポートを続けます。

記: イッセイ

Written by issei

«   »