ヌアヌ・コングリゲーショナル教会

2010
01.25

ヌアヌ・コングリゲーショナル教会

ヌアヌ・コングリゲーショナル教会のレポートです。
この教会は、ハワイでの日本人ウェディングの黎明期を支えた、ある意味我々にとって、非常に意味のある教会です。
私の旅行会社時代は、殆どのカップルがここで挙式しました。
(ちなみに、私の姉夫婦=メケアロハ代表も、ここでウェディングしました。)
さて、数年前からここの装飾が、ガラリと変わりました。
ここの挙式管理のエンジェルウェディングさんの、デザイナーさんが考案されたそうです。
イメージカラーは、”黄色”です。
ウェディングがあるときは、装花とかで、黄色が強調されます。
画像で確認してください。
まず入り口は、こんな感じで、大型の黄色のオーガンジー飾りが。

中にはいりますと、黄色のピュー装花が、目に入ってきます。
ピューのクッションが、ブルーなので、コントラストが鮮やかです。

祭壇もこの通り。
この飾りですが、結構セッティング大変だと思います。
いつも、うちの教会でやってるので、分かりますが、なかなか手間のかかる装飾です。
エンジェルさん、頑張ってるなあ。

フラワーバージンロードもあります。

ヌアヌ教会には、4隅にこの可愛いステンドグラスがあるのですが、インパクトのある
装飾のおかげで、あまり目立ちません。

お庭は撮影スポット多そうです。

これも結構有名な、ヌアヌのガゼボですね。

教会別棟のコンサルティングルーム。
お掃除が行き届いて、とっても居心地良さそうです。

今回、久々にヌアヌ教会を見せて頂きましたが、正直かなり衝撃的でした。
ヌアヌのような古色蒼然とした由緒ある教会と、このイエローの装飾。
これはもう ”アート”の世界かもしれません。
これが、挙式用の新設チャペルとかならば、良く理解できるのですが、ヌアヌ教会ですから。
でも、色目は悪くないし、好きな方にはかけがえのないウェディングスポットかも。
このような決断をされたエンジェルさんに拍手です。
はっきり言いましょう。
ヌアヌ教会は、”ポップ”です。
尚、通常の装飾が良い方は、白の装花というのもあるそうです。
でも、僕だったら、絶対に黄色選びます。
記: イッセイ

Written by issei

«   »