ウチのワンコ コゲ

2017
01.02

ウチのワンコ コゲ

新年早々から、プライベートな話題ですみません。

ウチのワンコのコゲの話題です。

彼女は、来年18歳になる高齢犬です。

最近、ご飯食べるのに時間がかかったり、お散歩中に変な歩き方するな、と、思っていたのですが、基本的に元気でした。

ところが、クリスマスの日12月25日に発作を起こして、倒れてしまいました。

体を硬直させて、ブルブル震え出し、今にも死にそうでした。

あわてて、動物緊急病院(年中無休で24時間やってます)に、運び込みました。

その日は当然入院です。

夜、面会に行くと、その日2回目の発作を起こしたとのこと。

原因は検査中だが、腎臓の機能低下は、脳の障害か、と察せられるとのことでした。

でも、面会はできました。

こんな状態で瀕死の感じでした。

 

翌日、再度面会に行きました。

なんと、食欲もあり、元気な感じでした。

ドクターは今晩にも退院できるかも、との嬉しい言葉。

ところが。。。。

私が帰ろうと思ったその瞬間に、また発作を起こしてしまった。。。。

すぐにドクターが連れて行きました。

心配してオフィスにいると、ドクターから、腎臓の機能が低下してる。 もう助からないかもしれない。 と、もっとも聴きたくない言葉をもらいました。

すぐに病院にかけつけました。

ドクターからは、本当の理由はよくわからない。腎臓か、脳か、両方か、年齢が年齢だから、もう安楽死させた方が良い、と、言われてしまいました。

気が動転してしまい、とにかく、もう少し様子をみたい、と、病院を後にしました。

結局、病院には25日、26日、27日、28日、29日と5泊しました。

ドクターは3回変わりましたが、みな安楽死を言ってきます。

この犬は、立てもしないし、食べもしないし、水も飲めないし、もう犬じゃあない、なんていい方をするドクターもいました。

でも、私にはどうしてもコゲが、まだ生きたがっているように思えて仕方がありません。

お見舞いに行っている間に、ご飯を食べたり、自分でオシッコをしてくれたりします。

私にそれを見せて、必死に生きようとしていると思えました。

私の選択肢には、安楽死はまったくありませんでした。

29日に退院を決意しました。 ドクターに告げたところ、そんなことしたらすぐに死んでしまう。何考えてるのって、相手にされませんでした。

でも、このまま病院に居ても、絶対によくない、薬漬けで弱っていくだけだ。 死ぬならば自宅で最後を迎えさせようと、半ば強硬に決意を先生に話しました。

ドクターも、最後には、それならば、と、お薬や点滴を準備してくれて、自宅治療に備えてくれました、

それから、本日まで4日間。年越しで見守ってます。

本日2日の段階では、少し回復している気がします。

一人で食事食べられる時もあるし、オシッコやウンチもちゃんとしてくれます。

病院では立てもしなかったのに、しっかり歩くことも少しはできるようになってきました、

この先、どんなになるのか、いずれにせよ先は短いのだろうけど、こんなちっちゃなワンコが、こんなにガンばってくれるとは思いませんでした。

本当に頭が下がりました。

大晦日も、元旦も、コゲの世話だったけど、私に本当にたくさんの事を教えてくれました、

生きる勇気をたくさんもらった気がします。

コゲ、ありがとう。

もう少しだけ、長生きしてください。

一緒に頑張ろうね。

元気な画像を近日中にアップしたいと思っています。

記:イッセイ

 

 

 

Written by issei

«   »